創作話・雑記・言葉の羅列。
スポンサーサイト
-------- -- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
Truth and betrayal
2014-06-11 Wed 03
140514.jpg

ジャックズ・クレスファート。【 Truth and betrayal 】

これに関しては、どこから語ればよいのだろう、という感じになりつつ、
何かこう、バトン系を拾って答えたらいいのかしら。

と、まずは、割と昔からサイトにいらしてくださった方が
いらっしゃったら、なんとなく見た事ある!と思って頂ければ幸いです。
昔サイトの掲示板の、アイコンにしてたり、(ドット絵)
よくトップ絵がトゥルースのキャラだったり。

まず、前置きを書いていたら、思いのほか長くなったので、
次の記事にしよう!と言う訳で、

ジャックズです。15歳。この作品は、三年後の話もあるので、
18歳な彼もそのうち描きたいなーなんて。

片時も、忘れた事がなかったよ!この子達!
まず、The birdの前作にあたり、(前作というか、The birdの前に
書いていたのがこれ)なので、
所謂レイン達の前世の子達が出る作品です。

今のトップ絵のラディや、この日記絵のジャックズは、
The birdにはメイン級やサブには出ていないんですが…
それには些少たる理由もあって、ただ、The birdの次の、
来世の話には出てくる。…ハズ!
でもまったく出てこない訳じゃないっていう、自分の遊び心的な。

この子について語ると、非常に姉想いの子で、
少年心がある振る舞いをするけれど、その内面は非常に
包容力があり、実は頭もそこそこ切れる。魔力も高い。
母親は他界。過去に王家の人体実験にもなっている。
その時、自分を必死に護ってくれたのは、11歳年上の姉のフィアレンス。
故に、ジャックズは、今よりももう少し自分が成長したら、
姉を護る、と誓うのに、10歳の時に姉も他界する。

第二王子。クレスファート王は正妻に子供がおらず、
愛人二人にそれぞれ一人ずつ子供がいて、
ジャックズはつまり、愛人の子になるので、義兄、第一王子がいる。
主人公であるライン(レインの前世)や、リークルドフィア(リュートの前世)の、敵なのか、味方なのか謎。


ラインとリークルドフィアの王家を奪った血筋の王子だけど、幼い頃は母と姉と引き裂かれ、祖父(母方の方)と暮らしていた。

祖父は学園長。王子の身分を隠している為、学園長の孫、のイメージが、学園内では強い。
制服を好んで良く着ているが、貴族の服装もちゃんとする。

召還獣はペカザス。
別窓 | 絵(+雑 | コメント:0
<<休憩時間 | *夜明けのオルゴール* | ”涙を微笑みに変える強さを僕は”>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| *夜明けのオルゴール* |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。